成長因子の育毛薬

プラモデル初心者のうちは徹底的に仮組みするべきだと痛感した事件…(シトロエンType H制作記その2)

エレールのシトロエンTypeHのプラモデル

エレールのシトロエン Type H の制作記です!

前回までで主にボディの塗装とシャシーの塗装まで終わりましたーーー

助手席には1/35スケールのアイテムを

ボディにメドがついたので内装を作っていきますーーー

シャシーはウェザリングカラーのグレイッシュブラウンをスミ入れっぽく流して、
車内に適度な土足感をつけました。

ウェザリングカラーで汚したシャシー

運転席と助手席をつけました!
座席の茶がやっぱり少し暗かったので明るめの茶で塗り直し。

ペダルやサイドブレーキなんかも接着。
ようやくパーツを組み合わせる工程が出て来ましたね。笑

運転席と助手席

ハンドルを付けました!
ようやく車らしくなってきましたーーー

車内にはアイテムを追加します!!!
ダッシュボードにはチラシを無造作に。

シトロエンTypeHのハンドル

他には、以前買っておいたミニアートのミルクボトルと木箱です。

車のコンセプトがコーヒーのお店だしミルクを買って来ましたみたいな設定で、
関連性もあって良さげです。

ミニアートのミルクボトルと木箱

スケール合ってない!ように思いますが…

確かにミニアートは1/35スケールですが、
1/24に使ってもあまり違和感はなさそうです。
むしろ、1/24スケールで売られているペットボトルなんかの方が
これよりも小さいんじゃないかと思うものもあります…

なので、気にせずバンバン流用しちゃいましょう!!!

ミルクボトルはベースホワイトを吹きました。
なかなか小さいので木箱が難しい…

ミルクは一箱につき10本です。

ベースホワイトを吹いたミルクボトル

ミルクボトルはベースホワイト吹きっぱなしでも良いかな、
木箱に入れてしまえば見えないのでラベルも貼らなくて良いかと思います。
蓋の部分だけはきちんと塗ります。

木箱はボディと馴染むように黄色にしました。
さすがに木箱にはデカール貼ります。

スミ入れと汚しはまとめて、と思い
ウェザリングカラーのステインブラウンをがっつり塗って
ほぼ乾燥させてから溶剤を含ませたティッシュで拭き取りました。

黄色に筆塗りしたミルクボトルの木箱

拭き残しが良い感じの”汚し”になって、エナメルほど跡が残りませんね!

助手席に、本と一緒に積みます!!!

助手席に置いたミルクボトルの木箱

牛乳が足りなくなったので、急遽買ってきた!ってとこでしょうかーーー

荷台部分は人が踏む範囲はそこそこに
砂やホコリが溜まるのは隅っこの方かなーと。

ごちゃごちゃと積み込むことも考えましたが
完成後は完全に封鎖される荷台部分なので今回はそちらはスルーします。

最後の帳尻合わせ

順調に来てたシトロエンですが、タイヤの組み付け時にかなり手こずりました。。

最後の帳尻合わせって難しくないですか?!

先に接着できるところは接着して強度を優先した結果なのですが、
そのせいで組み上げるときにきれいに合わなければ強度も何も意味がありませんねぇ…

きちんと仮組みして確認したつもりでも
なかなか思った通りにフィニッシュまで持ってこれず。

塗ってから作ると接着面での不安が、
接着してから塗ると、最後の帳尻が。

うーん、悩ましい…

残りの、ミラーやライトなどを付けたらシトロエン完成ですよーーー

完成前のシトロエンTypeH

ドアを接着したシトロエンTypeH

接着面の調整中のシトロエンTypeH

シトロエンTypeHに貼ったデカール

ドアノブなどの小さいパーツを接着

エレールの「Citroen Type H」完成!

シトロエン、できましたーーー!!!

パネル毎に微妙に色合いを変える、という目標は
かなり良い感じにクリアできたし見た目にはきれいに完成したように見えますが、
色々失敗してしまいました。

シトロエンのこの車はエレールとエブロから出ているようですが、
エブロの方がデキが良いというレビューを目にしたので
次回はそっちでトライしてみるとします。

これからエレールのシトロエンを制作する方にアドバイスを残すとするならば…

ボディの仮組みは念には念を入れて!!

特にフロント部分!!

ボディのパーツは先に接着しても良さそうなのがいくつかありますが

最後に組むときに合わなくなりやすいので
最後に慎重に合体させてった方が良いです!!!

あはと、完成したら美しいシトロエンになるのは間違いないので

途中で投げつけたくなってもあきらめずに頑張ること。笑

完成後の楽しみはやっぱり写真撮影です!!!
多少のモヤモヤもレンズ越しには味となり、
実物以上に観る人を楽しませてくれる面白さがあって。

右前方から見たシトロエンTypeH

右後方から見たシトロエンTypeH

正面から見たシトロエンTypeH

左前方から見たシトロエンTypeH

真正面から見たシトロエンTypeH

シトロエンTypeHに貼ったコーヒースタンドのロゴ

助手席に置いたミルクボトルと木箱

サイドから見たシトロエンTypeH

左半分のシトロエンTypeH

後方からコーヒースタンドのロゴを拡大

シトロエンTypeHの全体像

シトロエンはどこからどう観ても画になる、美しい車ですね。

美しいだけに、やっぱり破損のショックも大きいけれど
いずれボディの色を変え、荷台でもっと遊び、
また作ってみたいと思いますーーーー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする