成長因子の育毛薬

【初めてのプラモデル】初心者でも作りやすい良キット!(シトロエン制作その3)

シトロエン2cvの途中経過

タミヤのシトロエン2cvの制作記の続きです!

前回はシャシーと内装が出来上がりました。

いよいよ今回で完成です!!

メッキシルバーNEXTを使ってみる

今回人生で初めてメッキ塗装にチャレンジしたので書いておきます!!

当然、メッキ塗装なんて知識ゼロの超初心者なので
ネットでの情報を参考にして
クレオスの「メッキシルバーNEXT」で初トライしてみました。

練習でプラのスプーンを用意して下地として黒を”テロッとした感じ”
(要はツヤ有りブラック)に塗装しましてメッキ塗装の下地を作りました。

この”テロッとした感じ”を出すには
缶スプレーを使うと簡単かつ早かったですね…

これにエアブラシの圧を弱くして
ふわぁ~~~~~~~~~~っと吹いていきました。

メッキシルバーNEXTの練習

あまりうまくできませんでした。orz

やっぱり色んな方が言われている通り、下地がキモ!!!ですね。
下地さえ作れればメッキシルバーNEXTを吹くのは
そんなに難しいことではないと思うので
圧の調整が苦手な人は黒の缶スプレーで下地を塗ってあげると
うまく行きやすいんじゃないかと思いましたーーー

で、いきなり本番行きます。笑

メッキパーツはハイターに漬けて一旦元の塗装をすべてリセットしました。

そこからエアブラシでブラックで下地塗装をした後、
小さいのが多くて大変ですが(上手いか下手かは置いておいて)
メッキみたいにふわぁ~~~っと変わってく様は
なんだか自分がめっちゃスキルが上がったような気になります。笑

メッキパーツの塗装

ドアノブとミラー

シャシーとボディ+内装を全部合体させてみましょう!!

メッキ塗装したルームミラーももちろんGPクリアーで接着します!!

バックミラーの接着

後方から撮影

ボディの接着確認

完成間近のシトロエン2cv

リア部分の様子

おおおおお!!!!

テンション上がってきませんか?!

ゴール間近ですーーー!!!

エンジンのディテールアップ?

エンジン部分に手を加えます!
エンジンをそのまま組み立てただけではさすがにキレイ過ぎるので
タミヤのウェザリングマスターを使ってみることにしました(^0^)

タミヤウェザリングマスター(Aセット)

エンジン部分の一部がキレイにハマらない箇所ができてしまいました…
どーにもこーにもリカバーできないので、断腸の思いでスルーします。orz

ボンネット内に取り付けるパーツとして、
実車の写真にある部品が数個ほど用意されていなかったので
プラ棒とプラパイプを使って自作しました!

エンジンのウェザリング

なかなかイイ雰囲気が出ました!

エンジン内部にはワイヤーを使って配線を施してみました。
実車の写真を見ながらの”なんちゃって”配線ですが
でもまぁそれらしい雰囲気にはなったんじゃないかと!

もう少し太めの配線が欲しかったな…

ウィンドウ部分のクリアパーツに手を付けました。

窓枠の塗装はマスキングテープに形を写し取って
フリーハンドでカットして塗装しました!

窓枠のマスキング

窓枠の塗装

もうお馴染みのGPクリアーでウィンドウを接着!
ベターーーっとつけなくてもちょっとつける程度で
ちゃんと接着できるので汚くなる心配がありません。

シトロエン2cvの窓枠の接着

シトロエン2cvのサイドウィンドウの確認

シトロエン2cvのリアウィンドウ確認

ストレスフリーって素晴らしい!!!!

タミヤのシトロエン2cvが完成!!

メッキ塗装した残りのパーツ、ボンネット等を取りつけていきます。

GPクリアーのオンパレードです!

これで全工程が終わりました。

作り込んだ模型としては初めての作品となる
タミヤの「シトロエン2cv」が完成しました~!!!!

記念すべき、初☆作品!!!!

シトロエン2cvが完成

シトロエン2cvを右前方から

シトロエン2cvを左横からアップ

シトロエン2cvを左横から

シトロエン2cvを後ろから

ボンネットも急増でこしらえた感はありますが
最低限のことはクリアできた感じです!!

シトロエン2cvのエンジン内部の様子

ここからさらにジオラマを作ってみたい!!という欲も出ましたが、
さすがに今回はそこまではやりませんでした(笑)

とりあえず1回作ってみて、あーここって要注意ポイントだなとか、
こうすればもっと効率が良いなとか分かったこともたくさんありました。

やっぱり何でも一度経験してみるって大事ですね!

つや消しのススメは思っていた以上に破壊力があって
実際にその破壊力を実感してほしいと思います!!!

僕もこれを機にどんどん作っていきます。
自分の場合は作ってみたい車がアメ車のプラモ=海外製のヤツがほとんどなので
それらの制作の方にもチャレンジしていきたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする