成長因子の育毛薬

初めてマシーネンクリーガーのプラモデルに挑戦!(ポーラーベア制作記)

宇宙の様子

今回は車の模型でもジオラマでもないのですが、
WAVEから発売されているマシーネンクリーガーのプラモデルです。

今回初めて手に取ってみました!

マシーネンクリーガーとは?

マシーネンクリーガーと聞いても
あまり良く知らない方もいらっしゃるかもしれません。
と言っている自分もその例外ではないのですが…

かなりざっくり言えば

SFイラストレーターの横山宏による雑誌の連載企画。及びその登場メカのプラモデル。略して『Ma.K.』と表記されることが多い。

こちらに詳しく説明されていました!
ニワカなミーハーが分かったようなことを言っても薄っぺらいだけなので(笑)
興味のある方はチェックしてみてくださいー。

実際に”マシーネンクリーガー”で検索すれば
沢山のハイクオリティな作品がヒットしますね。
カスタマイズもバンバン!!で見入ってしまうものばかり。

でも観れば観るほど、初心者には難しそう。。。とかっていう
謎の先入観が邪魔してなかなか手が出なかったのですが、
職場のプラモ好きな人が作ってるのを実際で横で見る機会があり、
何だか無性に自分でも作ってみたくなったのです!

マシーネンクリーガーにも当然その世界観はあります。
核戦争っていう所謂SFの王道とも言える設定ですが、
あまり「こういう色で塗らなくてはいけない」っていう決まりもなく、
自由に場面設定して自由に塗って、
どんどんカッコ良いの作ろうぜ!という風な楽しみ方が多いようです。

やっぱりプラモデルはそうでなくちゃ!笑

では早速、初めてのマシーネンクリーガーの世界に
足を踏み入れていきますよーーー

選んだのは、WAVEの1/20「ポーラーベア」

キットには色んな種類があって
メカメカしいヤツが欲しいなーと思って探してみたら
若干お値段が張るのでここはグッと堪えて…

WAVEのポーラーベア
一番手頃なWAVEの1/20「ポーラーベア 」を選びました。

存在としては地味め…な印象のポーラーベア。
でも人型で取っ付きやすいし、入門には最適かな?

リベット等を追加して少しカスタマイズしました

キットは接着剤不要の完全スナップキットでした。
かなりきっちりハメ込むことができる、
と言うより少しハメ込みがキツイくらいです。
でも精度もばっちりで初心者に優しいですねー!

このまま作ってもつまらないかなー

せっかくなので少しはオリジナリティを出すべく、
WAVEの丸リベットや六角ボルトを追加してみました。
これ、ホントに便利なんですよねぇー♪

マシーネンクリーガーは”モナカキット”って言うんでしょうか?
合わせ目ができてしまうのでタミヤのパテで埋めました。

ポーラーベアの胴体

ポーラーベアの背中

でもパパパッとやったので全然上手にできてません。笑
ま、そこまで神経質にならなくても良いかも…
あんまり細かく考えると逆にストレスになっちゃいますからね!

コードを追加してメカメカしく!

リベットと合わせて、機器から伸びるコードを追加してあげるべく、
どこにあったのか全く不明なのですが???
工具箱の中に「僕を使ってください!」
言わんばかりの細いチューブを発見したので
皆さんの作品を参考にパイピングを施してみました。

コードを追加した手と足

後で気付いたのですが、膝の部分から伸びるコードをつけ忘れてます。orz
ブスッと後から差し込めないことはないのですが、見落としていました。

チューブを挿しやすいように根元に2mmのプラ棒を輪切りにしたものを付けて
0.8mmの真鍮を軸にしました。
腕と足に適当な長さで繋いだのですが短いと可動域が限定されてしまうので
これから作ろうと思ってる人は気を付けてください!

真鍮の軸を打った腕

ポーラーベアの胴体と手足

カラーリングは白と青で

サフを吹きました!
サフを吹く前にチューブには何かしら下地処理を施すべきなのだと思いますが
さほど弄り回すわけではないので大丈夫でしょう…

サフを吹いたポーラーベア

塗装に関して写真を撮っていなかったのですが、

1.ジャーマングレイをスプレー塗装
2.セラムコートの白を3~4回、筆塗り
3.セラムコートの青を筆塗り
4.チューブをオレンジで筆塗り
5.半光沢でトップコート
6.デカール貼り

という感じで仕上げました!

白と青で筆塗りした各パーツ

塗装後のポーラーベアの胴体と手足

一部メタリックな部分が欲しかったので
左手のビーム?を中心にガンクロームを筆塗りしました。

汚しまくらない程度に

いつもはエナメルでスミ入れをしていますが
今回はウェザリングカラーのマルチブラックを使ってみました。
いつもスミ入れとウェザリングをまとめてやってしまって失敗するので、
スミ入れだけを行う感じでやってみました。

スミ入れした後

特に雨垂れだの何だのは気にせず、定番のスミ入れのみですが、
感覚的に自分の中では充分に”達成”できてます。
あんまり汚しまくるのは性に合わないのかもしれません…

観るのは大好きですが。(笑)

とは言えボディには若干の傷というか、傷みがあった方がリアルなので
爪楊枝+ピグメントで地道に点描していく感じでサビを描き入れました。
あんまりクドくならないように…エッジを中心に擦れた感じ…

ピグメントでサビを描き入れているところ

初めてフィギュアの顔を塗りました!

あ、こんにちは。

ポーラーベアの顔を塗装

ですね笑
話が前後してしまいますが初めてフィギュアの顔を塗ったんですよー!
とは言っても全く右も左もわからないんで
肌を塗ってブラウンでスミ入れしただけ…

目も描き入れたかったんですけどねーーー
そこまで細い面相筆はさすがに持ってないというのと
視力が耐えられないです、見えません。笑

しかしながらこういうのも作ってて楽しいですねー!!!
人型になるっていうのは結構テンション上がる…

ちなみに全体的に光沢があるのは、
珍しくトップコートに光沢クリアを吹いたからです。
半光沢のストックがなくなってしまったとも言います…

でもこんな仕上がりも嫌いじゃありません!
光沢があると金属っぽいというか、重厚な感じがするー。

ポーラーベアを飾るヴィネット制作

もうこれでほぼ完成なのですが、小さなヴィネットを作りたいと思います。
先日近所にビバホームが出来ました!
ものすごい数の品揃えで模型制作でお世話になるであろうアイテムもいっぱい!
ちょうど良いサイズの、輪切りの木材があったので
これ良いなーーと思って買ってみました。

100均のニスも今まで使ったことがなかったので試してみます。

100均のニスと輪切りの木
メープルっていう色合いで水性っていうのが扱いやすくて良いですね!

ニスを塗った後

そのままここにポンと立てるのもちょっと淋しかったので
スチレンボードでもう一段作ってみます!

モデリングペーストと丸く切ったスチレンボード

丸く切り抜いて下地にモデリングペーストを塗りました。
スポンジでポンポンしてザラザラした表面にします。
イメージとしてはアスファルトのような地面ですね。

モデリングペーストを塗った後

明るいグレーや濃いグレーをランダムに重ねました。
オレンジのラインを入れて、基地っぽい雰囲気を出します!

グレーとオレンジで塗装したスチレンボード

エナメルのブラックを薄めに塗る→拭き取るを繰り返して雰囲気を高めます!

汚した後のスチレンボード

んで、いざドッキングして完成ですーーー

ヴィネット完成の様子

WAVEの1/20「ポーラーベア」完成!

初めてのマシーネンクリーガー、「ポーラーベア」完成です!!!

白と青の爽やかな「ポーラーベア」になりました~
メットのシールド部分は、宇宙服っぽい感じが出せればなーと思って
クリアオレンジで塗装してみました!

正面から見たポーラーベア

左正面から見たポーラーベア

右斜め上から見たポーラーベア

左後ろから見たポーラーベア

背中から見たポーラーベア

右後ろから見たポーラーベア

ヘルメットのシールドをクリアオレンジで塗装

右横のアップ

左横から見たポーラーベア

正面から拡大したポーラーベア

拡大したポーラーベアの足

ポーラーベアの全体像

昔からあんまりガンプラだとか、人型のものって作った記憶がなくて、
こうやって楽しんだのは結構初めてなのかもしれません!
マシーネンクリーガーのプラモデルってもっと小さいのかと思っていたのですが
意外とサイズもあって、飾ってても結構存在感があります。
架空の世界、架空のキャラっていうのは思ってた以上に自由があって
「自分が作りたいように作る」楽しさが何倍もワクワクさせてくれますね!!

これを機にマシーネンクリーガー、ちょいちょい作りたくなってきましたーーー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. teru より:

    こんばんは!
    マシーネンクリーガーを製作されるとは意外でした。
    おいらもコレには興味がありました。
    結構、人気があってレジンキットでも色んなオプションパーツが出ていますよね。
    いつか作ってみたいと思いながらも作らないまま日が経っています。

    これからもちょいちょい製作されるようでしたらいつか一緒に製作したいですね。

  2. yuzuekusoy より:

    teruさん、NEWサイトにお越し頂いてありがとうございます!

    意外でしたかー笑。
    確かにプラモに限らずあまりSFモノには自分から手を出さないのですが
    「素材はあげるから自由に塗ってみてね!」みたいな感じに
    ずっと好感を持ってたんですよー。
    マシーネンクリーガー自体は全然ストーリーも知らないっていう、
    ファンの人からしてみれば怒られてしまいそうです。笑

    一緒につくるの面白そうです!
    今度は二足歩行のやつ、パックレーテ?作ってみたいですね、でもお値段が…。
    teruさんのマシーネンクリーガーぜひ拝見したいですー!!