成長因子の育毛薬

アオシマのサンバー愛を感じるシャシー!(サンバートラック制作記その7)

サンバートラックのタイヤ

青島文化教材社のサンバートラックの制作記です!

前回は運転席をほぼ完成させましたーーー

かなり細かい再現がなされたシャシー

シャシーを作っていきますー。
このサンバーのキット、シャシーの精密度が本当に高いです。
アオシマさんの並々ならぬ軽トラに対する情熱と本気度がうかがえます!
シャシーは毎度のことながら塗装優先か、接着(強度)優先か…。

完成後はほぼ見えなくなると割り切って、ここは接着(強度)優先で、
後から塗り分け可能な範囲だけ頑張って塗ることにしました。

サンバートラックのシャシー

唯一エンジン部分は可動式になっています。
しかしフニャフニャになってしまって全くその役目を果たしていないので、
もうここはガチッと接着してしまいました。汗

シャシーに関しては今まで苦い経験も多々ある箇所なので
果たして最後に無事に4輪接地できるのか!
という不安は拭いきれませんが、
今までのようにシャシーが湾曲したりもしていないようなので、
ここは和製キットを信じたいと思います…。

ウェザリングカラーで砂汚れ

ジャーマングレイ+ウェザリングカラーのグレイッシュブラウンの組み合わせが、
褪せた雰囲気(イメージ)に一番近いのかなー。

ということで今回はシャシーをジャーマングレイで塗装しました。

ウェザリングしたサンバートラックのシャシー

実際に軽トラのシャシーを観察しているとまさにこの感じ!
あまり砂まみれにし過ぎないように、
”適度”にホコリっぽくっていうのをポイントにやってみましたー。
ウェザリングマスターで少しホコリっぽさを足しています。

鉄チンホイールはシルバーじゃなく…

ホイールは予めシルバーで塗装されていましたが、
あまりにも軽トラっぽさが強い感じがしたというか。
「軽トラ作ってんだろ!」「軽トラに魅せられたんじゃなかったのかよ!」
って話なんですけどね(笑)やっぱりどこかに変化が欲しくなってしまう…

この”予め塗装されているシルバー”が塗装をはじいて邪魔だったので、
シンナーに浸けて一旦リセットです。
ホイールは白に若干のグレーを混ぜて、うすーいグレーにしてみました!

ウェザリングしたサンバートラックのタイヤ

ホイールをウェザリングカラーのマルチブラックでスミ入れをして、
タイヤをグレイッシュブラウンで汚してみました。
タイヤには「YOKOMAHA」の刻印、アオシマさんはヨコハマタイヤ推し?
なかなか自然な汚れが表現できたかな!

前回のシトロエン制作の際には、最後にタイヤを取り付けたら物凄く作りにくくなってしまったので、今回はこの時点で付けてしまいます。
荷台を置いてしまえばほぼ見えなくなってしまいますが、ちゃんとスペアタイヤもあります!

シャシーに接着したサンバートラックのタイヤ

タイヤが登場すると一気に車らしくなりますね!!!

《つづく》

スポンサーリンク

シェアする

フォローする