成長因子の育毛薬

ジオラマ初心者の僕はまずキットを買ってみた!(ガレージ制作その1)

ガレージジオラマのキット

ジオラマって難しそう…

そんなイメージはどうしてもありますよね。

僕もいざやってみよう!!と思ってもゼロから作っていく技量もないので
1/24スケールのキット『Country Garage』で
人生初のジオラマ制作にチャレンジしてみます!!!!

各パーツが精密にカットされているので素人でもそれなりに作れちゃう!
という恩恵に多いにあやかりつつ、ジオラマ制作の雰囲気やら、
もし自作するならこんな感じになるのかなーーー云々、
トライ&エラー覚悟でやってみます!!!

まずは土台づくりから

ジオラマのキット

開封してみると最新技術のレーザーカットできれいに切り分けられたパーツが。
それぞれ紙素材だったりと木材だったり、加工しやすくて取り扱いが楽です。

ジオラマキットの中身

土台を組んでみますね。

ジオラマの土台

地面となる部分も組みます。
精度に全く狂いがないのでピタッ!と合います。
あ、接着は木工用ボンドを使いました。

土台の組み立て

各パーツの位置合わせがしやすいように刻印されてます。

親切!!

レーザーの刻印

ガレージの床と玄関先のタイルも張りました。

ガレージの地面を作成

芝生を仮置きしてみますーーー

芝生を仮置き

なんかもうこれだけでワクワクしてきませんか?!

天気の良い日に車洗ってそうな絵が浮かびます。笑

ガレージの床とタイルを筆塗り

ガレージの床ってコンクリート???
シャープペンでヒビ割れを入れてみました。
ファレホのライトグレーを塗ってひび割れ部分を中心に
ダークブラウンでスミ入れと汚してみましたが、
なかなか良い雰囲気が出てるです!

ひび割れたコンクリートの地面

ガレージ前の石畳もファレホの肌色系でランダムに筆塗り。

タイルの塗装

目地の部分は軽く陰影をつける感じで
ダークブラウンとブラウンでスミ入れしてみました!

タイルにスミ入れ

ガレージの壁をつくります

ガレージの壁は4枚ですね。
レーザーカットされたレンガシートが入ってるのでそれを慎重に貼りました。

レンガシートを張り付け

このままだと新築すぎるので、
ファレホの肌色系とか茶色系を数色使ってバランスに注意しながら…

レンガを塗装

ダークブラウンでスミ入れしつつ、雨が流れて汚れそうなところ、
”それらしい感じ”を意識してウェザリングしてみました。
汚すと一気に表情がつきますねー!!!

壁をウェザリング

屋内の壁も、薄めのエナメルのブラウンで塗装後、
同じく薄めのダークブラウンで陰影をつけてみましたーーー

屋内の壁

開口部を組み立てます

壁に取り付ける窓など、これもきれいにレーザーカットしてあるので
サクサク組み立てられてその辺りはストレスフリーです!!!

開口部のパーツを確認

窓、窓枠、勝手口、ガレージの扉を組み立ててホワイトサフを吹きました。

窓とドアの組み立て

皆さんなら何色にしますか♪
こういうのを自由に設定して楽しめるのは
ジオラマの醍醐味なんでしょうねーーー

勝手口のドア、ガレージの扉を
それぞれファレホのグリーングレーと赤で塗装しました。
ファレホの赤と言っても「レッド」ではなく少し赤紫っぽい発色です…
きっちりした色を望む場合にはちょっと不便なのかも。

大扉とドアを塗装

ダークブラウンでスミ入れ後、
軽くヤスッて使用感を出してあげました!!!

大扉とドアをやすりがけ

窓をはめ込んでみた!

窓とドアを壁に接着

ファミレスのガストみたいになった。

居抜き物件になってる元ガスト。(笑)

これを土台(床面)と貼り合わせますーーー

土台と壁を接着

ガレージっぽくなってきましたね!!!
テンションもダダ上がりです。笑

壁に棚を付けられる部品もあったのでここに設置することに。
色々つくってごちゃごちゃと乗せてあげよう、むふふ…

スポンサーリンク

シェアする

フォローする