成長因子の育毛薬

ジオラマのアイテムを量産したら超それっぽくなって感動してる…(ガレージ制作その2)

ガレージのジオラマ

初めてのジオラマ、1/24ガレージの制作記の続きです!

前回はガレージの地面と壁をつくりました!!

ガレージのアイテムづくり

ガレージにあるものと言えば、
机や棚、整備のツール、オイル缶やボトル、段ボール、
みたいなものが思い浮かぶでしょうかーーー

まずは机と棚を組み立ててみます。
寸分の狂いなく、ぴったりです。
ここに何を乗せようかなーーー
こういうの考えるの、超楽しいですね!!!

机と棚のミニチュア

色は、素材の色を活かします。
少し薄めのエナメル(ブラウン)で塗って
その後、ダークブラウンでシャドウっぽく入れて、
角を中心に軽くヤスッて使い込まれた感を出してみました。
もう少し濃く塗ってもよかったかも。

塗装後の机と棚

ワーゲンバスの制作時に余ったアイテムをテキトーに置いてみます。

アイテムと組み合わせた机と棚

おっ、良いですねーーーー!!!
ジュースの缶が缶詰のように見えますが笑、
一気に人のぬくもりみたいなのが出てきますね!!!

ひたすらジオラマのアイテムを量産!

このテのジオラマではお馴染みの、
フジミのツールセットを使ってガレージ内にはゴチャゴチャと
ガレージっぽいアイテムを置いていこうと思います。

メインはやっぱりツールボックスですねーーー。

定番は赤塗装なんだと思いますが屋内は暗くなってしまうだろうし、
賑やかさ+アイキャッチの意味でも黄色にすることにしました!

フジミのガレージツール

レンチやスパナ類を地道に切り離し⇒バリ取り…

ミニチュアのスパナやレンチ

何本も折れた。orz

もう少し良いニッパーじゃないと無理だわー。。
こんな細いパーツを破損させることなく作れる人、ホントすごいわー。。

ミニチュアの消火器やドラム缶

他にも使えそうなものをかき集めました!
タミヤの1/35スケールのアクセサリーとか、
プラスモデルの1/35アクセサリーとか。

油屋でも始めるんですか?

ってくらいのジェリ缶の多さ(笑)
今回使わなくてもいずれまた必要になるので
まとめて作っておこうと思いまして。

ワーゲンバスもガレージも1/24だから全然スケールは揃わないんだけど
「あんまり細かいことは気にすんな。」ということで。笑

ホワイトのサフでゼロベースに。

金属系は下地に黒を。

バケツ等はクロムシルバーで。
この重厚な感じのクロムシルバー、いいな。
でも四角い缶は赤や黄色に塗るから必要なかったですね。汗

その他のアイテムも塗装してみました!

ツール類も赤と黄色で。

ガレージの道具箱とかに
ステッカーとか貼ってるイメージがあります。
丁度良いデカールがあったので使ってみました!

●CAR-BOX IMPORTCARS オンラインショップ
http://www.sakkys.com/

もしかしたら敵対するスポンサー同士があるかもしれませんが(笑)
何となく”そんなのありそう”であれば良いのですーーー

それぞれに適当なデカールを貼って
ダークブラウンでスミ入れ&ウォッシング後、
ツールボックスはハルレッドで軽くチッピングしてみました。

ミニチュアのガレージのツール

問題はドラム缶の汚し…

誰でも簡単に泥や錆などが表現できる!の言葉に惹かれて
今回初めてピグメントに手を出しました☆

”あまりやりすぎないように”

”ちょうど良いくらいで”

がポイントなのだろうけれど、

塗り過ぎか?!?!、塗らな過ぎか?!?!ってベタベタやってるうちに
どんどん朽ち方が激しくなってしまいましたーーー
品の良い汚れ方が大事なんスけどねぇー。。

ピグメント、まだまだ難しいッス。

オレ、ムズカシイッス!!

ミニチュアのプレートづくり

ガレージっていうと、イメージとしては大体、
色んなミニチュアのプレート類が不可欠であろう!!

ミニチュアづくりでいろいろ情報収集していると
結構ペーパークラフト用の紙でアイテムを用意している方も多くて、
ちゃんと塗装するととても紙でできているとは思えない!のもありますね。

ペーパークラフト用の用紙を使って屋内用と屋外用のプレートを色々と作ってみました☆
必要な数が良く分からないので作れるだけ作っておくことにしますーーー

ミニチュアのプレート

これぐらいでちょうどいいかな?

用紙1枚だとペラペラすぎるかと思ってたけど、
逆に2枚重ねると少し厚かったかなぁ。
サイズももうひと回り小さくても良かったかなぁ。

貼ってみました!!!

ガレージにありそうなボトルづくり

次のミッションは、
こういうのが適度に配置してあるのとないのとじゃ
絶対雰囲気が違うよね!!と思って
「ガレージにありそうなボトル類」を作ってみようと思いますーーー

5mmのプラ棒を適当な長さでカット。
蓋に見立てた部分を3mmのプラ棒で作成して、それぞれを塗装。

ラベルの絵は「アベンジャース」とか「スーパーマン」とか特に意味はなくて、
ただアメリカンな雰囲気重視のラベル(笑)をスーパーファイン紙のシールで作成!!

ミニチュアのボトル

オイルのボトルをイメージしてるけど…
なんかお酒のボトルっぽくなっちゃったな(汗)
貼りっぱなしだと真新しさが強いんで
ウェザリングマスターで色味を抑えました。

ペーパークラフト用紙でオイル缶づくり

古き良きアメリカンなオイル缶。

「Oil Vintage」

とかで検索すると色々出ると思います!!

単4の電池がちょうど良い太さだったので
それで巻いてみたけど、やっぱり”正円”にするのって簡単じゃない。orz
正円に限らず、直角とか垂直とかキッチリしたものって難しいですね…

でもいびつな形の方が人間味があっていいじゃん?

と無理やり自分を納得させて(笑)

ひたすら切って

ひたすら巻いて

ひたすら貼って

オイル缶を積んでみました!

ペーパークラフト用紙で作ったオイル缶

壮観。笑

屋外に置くアイテム

屋外にミルク缶もどきなど。

”10mm程度の円筒状のもの”を身の回りで探してみましたが
なかなかそれ相応のものって無いもんですねーーー

とりあえず見つけた鉛筆のキャップ、ボールペンのキャップを流用。
真鍮線で取っ手を作って、上部はガンプラ用のバーニアノズルから流用。
”フシ”を1mmのハーフラウンドでくっ付けました。

ほか、エバーグリーンのプラ棒パイプを
切り貼りしてクロームシルバーで塗装。
他、持ち合わせの色でやりくりして塗装しましたー。

ミニチュアのミルク缶

ということで色々作ってみたアイテム類を
同じ色相が偏らないように気を付けながら
無造作であり計算したつもりの位置へ置いてみますーーー

この「無造作に」っていうのがホントに難しい…

本当に無造作に置いてしまうと本当に無造作でしかなくなってしまうというか、
なんか、こう、何だろう…、あるんですよね、
無造作じゃない無造作が(笑)

ドラム缶や木箱などのミニチュア

ガレージツールのミニチュア

ジオラマ用に自作したアイテム類

ガレージのミニチュア

超デキテルじゃん!!!!!

どうですか?!

ガレージっぽいですか?!

閉じて見えなくなるのはもったいない気が…

スポンサーリンク

シェアする

フォローする