成長因子の育毛薬

ジオラマ初心者が初めてゼロから作ってみたけど右往左往…(ミニクーパー制作記その2)

フジミのミニクーパーの制作記の続きです!

前回まででミニクーパーはほぼ完成しました。

ここからはそのミニクーパーが溶け込むような
ジオラマ制作をやってまいりますーーーー

ジオラマ「Mike’s Kitchen」の制作

やりたいことはひとつだけハッキリしていて、
”レンガ壁”のある風景ってことです!!!

参考にしたいのは、ジオラマ会では有名な情景師アラーキーさん。

ご自身のブログで道路作りの興味深いハウツーを
惜しげもなく掲載されていて、
実際にやってみたくなったのでやってみますー!

●情景師アラーキーの ジオラマでショー
http://arakichi.blog.fc2.com/

土台は”ジオラマボード”を使用

ジオラマ関連のYouTubeを観てたら、
鉄道ジオラマのハウツー動画の中に”ジオラマボード”なるものが出て来て、
A4サイズの1,000円だったんで買ってみました。

自分で材料を買いに行って切り出して…
っていう手間と時間を考えれば1,000円で要望を満たせるなら安い!!!

土台にはこのA4サイズのジオラマボードを使って、作業を進めて行きますー。

スチレンボードでレンガをひたすら彫る

Illustratorで1/24スケールのレンガ壁を図面化。

Illustratorでレンガ壁を図面化

歩道部分も同じく図面化、こんなもんかな?
タミヤの5mm厚のスチレンボードに貼り付けて
ひたすらボールペンでなぞる…

なぞるなぞるなぞる…

ボールペンでレンガをなぞったスチレンボード

紙を剥がして、上からもう少しくっきりと彫っていきました。

レンガを彫ったスチレンボード

以前、マットメディウムと間違えて購入したモデリングペースト。
まさかここで役に立つとは思わなんだ!!

モデリングペースト

下地としてペタペタ塗るのに最適です、
乾いたら濃淡を意識して茶系で大胆に筆塗りしますーーー

茶系で塗ったスチレンボード

目地はアラーキーさん考案のコンパウンド塗りたくりで。

タミヤコンパウンド

どーん!

目地にコンパウンドを塗り込んだスチレンボード

失敗したレンガ

えっ…

なんかダサい。

目地が少し目立ちすぎかな…
レンガ掘るのが途中でツラくなって
雑になってしまったのがモロに出ちゃった感じ…

不揃いな感じがまた良い味になるんだ!!

とか都合の良いことを言っていても
気に入らないのでもう一度やり直します!汗

レンガ壁、2回目

今度はけがき用のツールで焦らず落ち着いて作業しましたーーー
夢の中でもレンガが出てくるくらいの単調な作業…
丁寧な作業と丁寧な塗装でやった結果、上品な仕上がりになりました!

作り直したレンガ壁

どっかのファミレスみたいだけど。笑

色合いは前回のちょっと濃いめの方が好きだったなー。
前回と今回を足して2で割った感じが良い…

さすがに3回目はキツイので笑、このまま作業続行。
例のごとくコンパウンドを塗り塗り!

コンパウンドを塗り直したレンガ壁

コンパウンドを塗り直したスチレンボード

さっきよりはマシですかね?!

全体的にランダムにスミ入れ&汚していきますー。
合わせて歩道となる部分も塗装&スミ入れ&汚していきますよーーー

スミ入れしてウェザリングしたレンガ壁

レンガ壁の下部をマスキングして
黒&白いラインをスポンジでポンポンして塗装しました。

下部を黒く塗ったレンガ壁

黒く塗ったレンガ壁

ここにツタとか這わせてあげると
めちゃめちゃ雰囲気出そうな気がしませんか?!

ウォールサインを描いてみる

レンガ壁にはアメリカンなシーンにぴったりな
ウォールサインを描いてみようかと思います!!!

方法としては、ペーパークラフト用の用紙を切り抜いて
スポンジでポンポンすることにします。

本来ならばフォントに大小があった方がメリハリもあって良いのですが、
あんまり文字が小さいとデザインナイフで切り抜けないので
やや大きめのデザインを用意しました!

丁寧にデザインナイフでカット。

デザインナイフでカットしたウォールサインの型紙

それぞれの色でスポンジ使ってポンポンします。

スポンジを使って塗装したウォールサイン

型紙を外したウォールサイン

なかなか良い感じに行きました!!!
不足分は加筆して修正しましたーーー

枠内を白で塗ってウォールサイン完成!!!

塗装後のウォールサイン

ウォールサイン

良いですねーーー
アメリカンな雰囲気が出て来たかな?!
どことなくイギリスのニオイもするけど…

気のせいですかね。笑

チョッパー2型が素晴らしすぎる!

ドアを作ります。
今回は二枚扉です。

ここで、誕生日プレゼントでもらった秘密兵器を投入します!

それは、チョッパー2型!!!

チョッパー2型

長さをしっかり測ってセット、

刃を当ててレバーを押し込むと…

気持ち良くスパッと切れますーーー

切り口の整形は少しやってあげた方が良いですが
何個でも同じ長さのものが大量生産できますよーーー!!!

もうこれがないと切り出し作業はただの苦行だとさえ言えます。

今までの苦労は何だったんだ!

それらを元にドアです!

チョッパー2型で作ったドア

水平も垂直も綺麗に揃いましたーーー

レンガ壁に合わせてみるとこんな感じ。

レンガ壁に仮置きしたドア

気持ち良いくらいぴったりです!!!

手で切ってたらこう上手くはいきません…

こんな便利な道具があったなんて、
できることが一気に広がった気がします。

チョッパー2型、素晴らしすぎる。。

ジオラマのレイアウトを変更します

歩道部分がしっくり来なかったんで、
レイアウトを考え直すことにしました。

直線が多いレイアウトだと面白味がないので、
大胆に曲線を描いた石畳とコンクリートで人工的部分を
スチレンボードで作りました!

奥(三角形)の部分がレンガ壁(建物)になるところ、
真ん中部分は例のコースパミスゲルで土とか草とかの自然的部分、
手前が石畳みたいな感じです。

レイアウト変更中

石畳は不規則なパターンを描きました。
そのままだとツルンとしているので
調色スティックをグリグリ抑えて表情をつけてみましたが
あんまり良く分からないですね。笑

石畳

これに色つけたら、より石っぽい感じになるかなー?

土とタイルとコンクリート

出入り口に枕木を置きましたーーー
使用したのは100均の5mm厚のバルサ材です。

出入り口に置いた枕木

土となる部分にコースパミスゲルを塗って、
ランダムな色合いになるように
セラムコートでタンっぽい色を筆塗りしました。

タイルも同じ色が重ならないように不規則に筆塗りしています。
コンクリート部分は、ライトグレーをワザとムラになるように筆塗りです。

コンクリートはワイヤーブラシで叩いて質感を出す、
みたいなことを見聞きしたんでそれもいずれ試してみたいと思いますーーー

コースパミスゲルで作った土

枕木もエナメルのブラウンで塗ったあと、ダークブラウンでスミ入れ。
全体的にスポンジヤスリでこすって少し使い込まれた感じを出しています!!

スミ入れした地面と枕木

塗装後の石畳とコンクリート

このままだと味気ないですよね?

なので、草を生やしてあげました!

草を生やした地面

草を生やした地面

楽しくてつい大盤振る舞いしちゃうんですよね、
でもあんまり生やしすぎると廃屋みたいになっちゃうので…我慢我慢。

お店の出入り口を整える

枠とドアを塗装しました!
グリーンに黒を混ぜて、黒っぽい緑を。
ここも全体をスポンジヤスリでこすって使いこまれた感じを出してあげます。

塗装後のドア

ドアノブをどうしようか迷いながら、
先日ホームセンターをぶらついていたら
なかなか手頃な真鍮の部品があったんで
(でも実際何に使うのかは不明…)
まぁまぁのぴったりサイズで良しとします!!

ピカピカな感じはあえて残します。

廃屋じゃないぞ!

っていうせめてもの意思表示です。笑

ガラス部分には透明のプラ板を貼りましたーーー
そのまま貼りっぱなしだとマズイので
飲食関係のチラシ類を目隠しにするべくベタベタと。

カーテンの方が良かったかな…。

ドアを接着しました!!

合わせて、玄関周りに電気機器類を!
ランプの傘は、ホームセンターで見つけた、
これまた”何か”に使うキャップを流用です。
配電盤もどきはプラ角棒を切って
1mmの真鍮でケーブルで繋いだっぽくしてみました!

接着したドアと玄関回り

電灯は点きそうな気がしませんか?

玄関前の電灯

やっぱり点きません。笑

今はまだ偽物の電気機器類だけど
いつかはやっぱり電飾とかやってみたいですね!!

お店にはSweetStyleサンのアイアン看板セット2個入りを使って
玄関先を華やかにしました!

サインの文字は、ミニクーパーのドアに貼ったデカールをそのままに
Mike’s Kitchenとしましたーーー

アイアン看板セット

スポンサーリンク

シェアする

フォローする