成長因子の育毛薬

海外のプラモデルは初心者には少し難しいところもあるけれど…(シェビーバン制作記その1)

私たちプラモデル初心者にとって
海外キットってなかなかすぐには手を出しにくいと思いませんか?

たぶん日本人にとってのプラモデルはタミヤを筆頭に基準が”そこ”だから、
海外キットってそこら辺どうなのよ?っていうのが少しあるのかなーと思います。

実際僕は思っています。笑

その「海外キットってそこら辺どうなのよ?」を知るべく、
またまたアメリカRevelのプラモデルにトライしてみたのでご紹介します!

今回登場するのはアメリカRevellの1/25、
「’77 Chevy Van」のプラモデルです。

シェビーバン

ですね!


引用元:https://www.classiccarsseller.com/2014/05/10/1975-chevrolet-g20-van-blueblue/

映画とかでも良く見かけますよね、
悪党が武器とか積んでやってくるーーーみたいな…
中から悪い人ゾロゾロ降りてくるーーーみたいな…

あとは、オラオラ系のお兄さんたちがゴージャスに乗り回してるとか、
シェビーバンはそんなイメージ。笑

制作のイメージは”働く車”で「良く頑張って働いてるね!」な感じ、
「良い汗かいてるね!」な感じのシェビーバン作っていきますよーーー

シェビーバンはグレーを筆塗り!

アメ車のプラモデルを開封すると

デカッ!!!

っていうのがまず最初に来ます。笑

シェビーバン大きいですーーー
以前作ったフリートサイドのときも大きいと思いましたが、
シェビーバンはまたそれより大きい!!!

まずはボディを塗装していきます。

#1000で全体をひと皮むいてベースホワイトを吹きました。

ベースホワイトを吹いたシェビーバン

写真に撮ってはいませんが、スジが少し浅いような気がしたので
スジボリ堂のタガネ(0.15mm)でスジボリし直しました!

何色にするか悩みましたが、
働く車、アメリカン、バン…みたいなキーワードでイメージしたときに
赤や青とかのカラーっていうのがあまりピンと来なくて、
インスピレーションで浮かんだのがグレーでした!!!

というワケでシェビーバンはグレーで決定!!!

アクリルのセラムコートを筆塗りしますーーー
乾かしながら重ねていけばムラになることはほとんどないのですが、
たとえムラになっても気にしませんよーーー

むしろムラになれ!

くらいの感じでやっています。笑
少し手作業の跡が残るくらいが模型に温かみがあると思いません?!
隙があるというか、僕は好きですー

乾かしながら3回くらい筆塗りで重ねました。
ただサーフェイサー吹いたみたいですね。笑

セラムコートのグレーを筆塗り

ボンネットは黒にしてみました!

ボンネットを黒に塗装したボディ

リアのドアは白にして、ちょっと遊んでみました!

白に塗ったリアのドア

半光沢のトップコートを吹いたボディ

塗膜の保護とデカール貼りに備えて
半光沢のトップコートを吹きますーーー

デカール貼りは「ボブのリペア会社」

デカールを貼りました!
いつものようにDoozy MODELWORKSさんからお世話になります。

Doozy MODELWORKSさんのサイトを覗いたら
もうアイテム販売されてないので
まさかの絶版?!と心配していましたが、
以降はAKから発売(時期未定)されると
Twitterで奥川さんご本人から伺いましたのでまず間違いない情報です!!!

こんなオシャレなデカールは他で手に入らないので
絶版にならなくてホント良かったーーーー

今回は修理屋さん、ボブのリペア会社です!!!

デカールを貼ったボディ

「ボブのリペア会社」のデカール

リアにもデカールを貼りました。

デカールを貼ったリアのドア

バランスが気になったので小さいデカールを右側に追加しましたーーー

小さいデカールを右側に追加

左側に大きなデカール貼っちゃいましたので
こういう場合は”主役”と”脇役”をはっきりさせてあげることで
バランスが良いのではないかと思います。

サイド、運転席側のドアのところにも小さなステッカーを貼ってあげました。

運転席側のドアに小さなステッカーを追加

ボブは車の修理が得意でしょうしね。
車関係のロゴなんかは外せませんーーー

カッコイイ!

ついに手にしたタミヤの面相筆

窓枠を塗りました!

少しモールドが曖昧ではっきりせずだいぶ苦労しましたが、
大きなミスなくマスキングできるようになってきました!

窓枠を塗装

窓枠と合わせてドアノブとかロゴ?エンブレム?何て言うの?…とか
細かい部分を塗り分けなくてはいけませんが

セットになってる面相筆って
フニャフニャしてて塗りにくくいですよね。

今まで騙し騙しそれで凌いで来ましたが、
きちんとしたのを1本持っておくべきだと思って
タミヤの面相筆小と面相筆細をついにゲットしましたー!!!

タミヤの面相筆小と面相筆細

高級なヤツもあるみたいですが買ったのは安いリーズナブルな方です。

どれくらい違うんだろーーーーって
内心そこまで期待もしていなかったんですが…

メーーーッチャ塗りやすい。

今までのイライラは何だったんだ!!笑
こんなに細かい部分がスラスラと塗れるんだったら
もっと早くに買っときゃ良かった!

道具って大事ですねぇ…

チョッパーⅡ型のときも思ったんですが、やっぱり道具って大事ですよ!
道具が良ければ世界が変わることってかなりあると思う。

上手な人はどんな道具でも上手だけど、
技術がおぼつかない僕は積極的に道具に頼るです。笑

大事に使おう…

ウェザリングでシェビーバンに表情を

ボディを汚していきますーーー

エナメルのダークブラウンに少しブラックを混ぜて
”ダークダークブラウン”くらいの(?)明度で
スミ入れ&ウォッシングしましたーーー

今回はあんまりヤレた感じにはせずに「良く頑張って働いてるね!」な感じ、
「良い汗かいてるね!」な感じの汚し具合でと思っています。笑

スミ入れ&ウォッシング

スミ入れとウォッシング

スミ入れ&ウォッシング

表情出て来たーーー!!!

フロントウィンドウのクリアパーツを付けて
ここで一旦ボディはお休みですーーー

タイヤには軸を打ちます

タイヤはシルバーリーフで塗装してスミ入れした程度ですが、
今回は台座に固定する用の軸を打ちました。

軸を打ったタイヤ

3つしか軸を打ってないのはタイヤがひとつ接地しない問題…の影響ですが
最終的には誤魔化そうと思っています…

エンジンは見えなくなりますが

エンジンを塗装&組み立てました。

塗装したエンジン

ボンネットが開閉式じゃないので
完成後は二度と目にすることはないエンジンですが…
一応お決まりのスミ入れくらいはきちんとやっておきます。

歪んだシャシーがパキッ…

車の模型にとってボディと同じ、
場合によってはそれ以上に命なのがこのシャシーが歪んでるか歪んでないか…

残念ながら

歪んでいるーーーーー。。。orz

4輪が地面に着きません。

ねじって矯正しましたが、少しパキッと音がしたので
何だか結構ヤバイ感じが・・・・・・・・・・・・

これ以上はやめておいた方が良いですよね?汗

海外キットはこういうときにアフターサービスで請求できないのが
ちょっとデメリットにはなりますよね。。

あんまり負荷をかけずに居れば問題ないんですが…
妥協と破損を比較した場合に

妥協>>>>>破損

なので、ギリギリのところでやめておきましょう…

シャーシの裏側もピグメントで。
あんまりやり過ぎちゃうと廃車寸前みたいになっちゃうんで
年季が入ってるねぇー!!!っていう辺りを狙って。

シャーシをピグメントでウェザリング

エンジンをシャーシに乗せました!

シャーシに乗せたエンジン

海外キットに多いなーと感じるのが部品の接着面の無さ!
普通にくっ付けるだけでは強度が不安すぎて…
早く手を触れなくて済むところまで進んでしまいたい…

この後もうエンジンは見えなくなりますが、
車内部のあのホコリっぽい感じを出したくて
ピグメントを使って弄っています。

シェビーバンの内装にはボブの…

内装を作っていきますーーー

リアに貼ったデカールと色を揃えて、
ボブのリペア会社のコーポレートカラーは青で決まり!!!ですねー

青系で塗装した内装パーツ

インパネ&ダッシュボードはものすごく精密なモールドがあって、
例の面相筆でチャレンジしてみましたーーー
100点ではないけど、ある程度の塗り分けはできたかと思います!

塗装したダッシュボード

半光沢でトップコートして、スミ入れしましたーーー

運転席、助手席、インパネ、ハンドル付けました!

運転席と助手席とインパネとハンドルを取り付け

シャーシに仮置きしてみます…

シャーシに仮置き

車っぽくなってきましたーーー!!!

内装には少々アイテムを追加します。

オーナーのボブは忘れないように
きちんとメモを取る男!
改善点や気付いたこと、
新しい仕事の依頼も書き漏らさないように…

というわけでバインダークリップ作ってみました。

0.5mmプラ板を切り出して1mmのプラ棒と0.5mmの真鍮線でクリップ部分を。

ミニチュアのバインダー

ダッシュボードに置いたミニチュアのバインダー

雰囲気デター!!!

クリップ部分(真鍮)はコの字に曲げて切っただけで
どこにも引っかかってもないんですが
特に違和感もないので上出来です!!!

(テレテレテーレッテー♪)

ドラクエ風に。(笑)

他にもスパイダーマンの記事が載った新聞と
仕事の途中にいつも立ち寄るハンバーガー屋さんのメニュー表などなど。

ミニチュアのメニュー表など

無造作に突っ込むボブ!!!

車内に配置したミニチュアのチラシ

バインダーを作ったのでペンみたいなものも作ってみました。

ミニチュアのペン立て

ペン立て…

なんか一気にクォリティが下がっちゃいましたね。笑

1mmのプラ棒じゃ太すぎたなー。
ペンというより武器みたいになってる…

スポンサーリンク

シェアする

フォローする