成長因子の育毛薬

ジオラマ風にアスファルトを作ってみようとやってみた結果…(シェビーバン制作記その2)

アメリカRevellの ’77 Chevy Van制作記の続きです!

前回まででシェビーバンのボディと
内装の制作まで終わっていますーーー

車が完成した後でアスファルトづくりにトライしてみましたよー

はじめてのウェザリングカラー!

フロント周りを組み立てましたーーー

ナンバープレートって貼るのに意外と難儀しませんか?汗

ナンバープレートもエンブレムもデカール貼るの超苦手なんですが…
絶対うまくいかないんだろうなーと思いつつも
意外とすんなり馴染んだので嬉しい誤算!

シェビーバンのフェンダー

リアもテールランプを塗装してナンバープレート付けました。

テールランプを塗装

フロント周りも退色してるっていうので
色んなところで評判の良いウェザリングカラーを使ってみますよーーー

今回買ったのはグレイッシュブラウンとザンディウォッシュ、
明度を上げる用にあれば良いかと思ってホワイト、
なんか良く分かんないけど青い色味を上手く取り入れられると
上級者っぽいじゃん?っていう理由だけで
フィルタリングリキッドのシェードブルーを。笑

ウェザリングカラー

グレイッシュブラウンで遊んでみます。

ウェザリングカラーのグレイッシュブラウン

エナメルと違って油絵の具系らしくプラを侵さない成分らしいので
ガシガシ濡れるのは気が楽で良い!!

初めて使うんで、どれくらいの濃さで
どれくらいの効果があるのかよく分かんないけど
少し薄めでやってみた結果…

ウェザリング後のフェンダー

めっっっちゃ良いじゃんこれ!!!!

ヘタな俺でも上手に見えるぜ!という魔法のアイテムですよこれ。笑

なぜ今まで買わなかったんだ俺!!

楽しいからってついあんまりやり過ぎちゃうと
ホコリまみれの車になっちゃうんで
その辺の加減は上手にやらなくちゃだけど、これは良いですねぇーーーー

ウェザリングするなら買い!ですーーーー

シャシーとタイヤと運転席を

ドッキング!!!

タイヤには軸を打ってるので適当にスチレンボードの上に刺しますー。

シャシーとタイヤと運転席を ドッキング

歪み矯正中にバキッとイキかけた左フロントです。
色んなところを弄って弄って
今回はきれいに4輪とも接地できました!!!

地面に設置したタイヤ

これだけでもう自己採点は100点です。笑
だってホントに折れかけたんだし…

ラジエターとファンのカバー部分も例のウェザリングカラーで汚しました。

ウェザリングしたラジエターとファンのカバー

くど過ぎず、絶妙に砂が溜まった感じが出るからこれは本当にいいです…

残りパーツもあとわずか

ボディを被せましたーーーーー!!!

シャシーとボディをドッキング

ドッキングしたボディ

シェビーバン!!!

ここまで来れば後はトントントンーとゴールできそうですーーー

でも用意し忘れてたパーツを発見しました。

リアに付ける牽引用の???

用意し忘れてたパーツ

ここは他より強くサビたことにするべく、
ピグメントをいい感じに塗りたくってみました。
ツヤ消しでトップコートしたら…

真っ白になった。

ピグメントを塗りたくってツヤ消しトップコート吹くと
真っ白になっちゃうんだなー。
そう言えばそーゆーときもあったなー、
あれはたまたまじゃなかったんだなー。

気をつけよう…

でも今の俺には魔法のアイテムがあるんだ!

そう、ウェザリングカラーっていう魔法ののアイテムが!

と、誤魔化すためにベチャベチャ塗りたくったら

超汚くなった。

仕方ないので溶剤を含ませた綿棒で
ガシガシガシガシ擦ったらピグメントまで剥がれて来て…

おっ…

おおっ…

何だか良い感じになった。爆

思いがけず面白い表現になったので採用!!!

あとはバンパー、ワイパー、サイドミラーを取り付けて、
フロントウィンドウを汚したらシェビーバンの完成ですが

サイドミラーが結構手ごわい。

ダボもないのでボディにペタっと点けるのですが、
できれば事前に軸を作って上げた方が位置決めも楽で良かったなー。

今からボディに穴開けるのはイヤだったんでGPクリアーでくっ付けました。

アメ車のプラモデルって結構ダボなしが多いので
GPクリアーにだいぶ助けられてますー!!

残りのパーツを付け終えたシェビーバン

後方から見たシェビーバン

サイドから見たシェビーバン

前方から見たシェビーバン

右前方から見たシェビーバン

バインダーとドアのデカール

右後方から見たシェビーバン

道路=○○をスポンジでポンポンするべし!

ジオラマ、とまでは行かないかもしれませんが

お客さんから車の修理でSOSがあり
急いで駆けつけたボブは道路脇に車を停めて状況を聞きに行っているところ。

なシーンを表現したいと思いまして、こんなものを作ってしまいました。

モデリングペーストを塗装したコルクボード

上部が道路ですねー、手前が路肩(芝生にします)です。

私たち初心者にとって道路の表現方法って結局何が一番良いのか
手っ取り早く知りたいですよね?

だったらこれです!

道路は”路面のザラザラ感”が表現したくて
コルクボードの上からモデリングペーストをスポンジでポンポンしてみると…

これが意外とイケる。

あんまり人に強く薦めるような独自製法のレシピはないですが
この道路づくりだけは推せます!笑

アメリカンな道路は車線が黄色(オレンジ?)がしっくりきたので
色を塗ったらなかなか良い感じー!!!!

ジオラマのアスファルト

モデリングペーストで作ったジオラマのアスファルト

”手前の部分”は例に倣ってコースパミスゲルで砂地、
草をまぶして&植えて→ドライブラシで陰影を…

コースパミスゲルで作った砂地

ジオラマのアスファルトと草地

シェビーバンのジオラマ用アスファルト

芝生のように全部を草で覆っても良かったのだけど、
思いのほかバランス良くデキたのでこれで良いかなと。

道路ができたんで
シェビーバン置いてみますよーーーー!!!

アメリカRevellの「’77 Chevy Van」完成!

これにてシェビーバン、完成ですー!!

「良く頑張って働いてるね!」な感じ、
「良い汗かいてるね!」な感じになっているでしょうかーーー

中から悪党は出てきませんよ。笑

'77 Chevy Van全体像

上から見たChevy Van

サイドから見たChevy Van

左後方から見たChevy Van

後方から見たChevy Van

後方から見上げたChevy Van

Chevy Vanのナンバープレート

前から見たChevy Van

Chevy Vanの運転席

Chevy Vanのヘッドライト

Chevy Vanのドアに貼ったデカール

Chevy Vanに貼ったリペア会社のデカール

Chevy Vanのサイドミラー

Chevy Van

アップにしたChevy Vanのタイヤ

左後方から前方を見たChevy Van

右前方から後方を見たChevy Van

実際にアメリカRevellのプラモデルを作ってきましたが
シャーシが歪んでた以外はきちんとハマる箇所ばかりだったんで
なかなか作りやすいキットじゃないでしょうか、

シャシーの歪みって大問題じゃないか!!!

と言われればそれまでなのですが…
国産キットを10としたら海外は1~2とか、
さすがにそんなことはなかったです。

頑張れば何とかなりますし何とかしようとする自分が必ず出てきますよ、
作り終わったときには達成感も違いますし
自分の中に引き出しがどんどん増えていきます!

アメリカRevellも倒産したそうなので…
興味のある方は在庫がなくならないうちに
早めに確保しておいた方が良いと思います!!!

僕ももう一度シェビーバン作りたいです、
今度は悪党が出て来そうなヤツを、です。笑

スポンサーリンク

シェアする

フォローする